イライラの止め方

コロナ禍が定着してきた今、

生活を制限され、外出時にはマスク着用が必須の毎日。

堅苦しい日々の中、ストレスが積み重なることも増えてきた。

そんな中、家庭や仕事場でのイライラが止まらない方へ。



例えば、職場でのイライラ。

ちゃんと仕事をこなしたいのに手が回らない。

上司の無茶振りに応えられない。

部下が会社の親睦会に来ない。


家の中では子どもが散らかし放題で、片付けない。

何度言っても宿題をしない。

夫は全く手伝ってくれない。

外出先では、店員の作業がトロい。

レジがいつも込み合っていて待ち時間が長い。

マスクをしないで、大声で喋るおじさんを見かけた。

こんな時、怒りの感情が爆発してしまいそうになる。

子どもに対してイライラが爆発してしまい、

叱って怒鳴った後は、いつも自己嫌悪…。

こんな時はどうしたら良いのか。


あなたは「べき思考」に囚われていませんか?

仕事はちゃんとこなすべき。

会社の方針には全て従うべき。

部屋はいつも綺麗であるべき。

店員の接客はこうあるべき。

こうする「べき」が加速すると

それが当たり前となって、そうでないとイライラしてしまうようになる。



世の中には色々な人がいて、考え方も多種多様している。

あまりにもべき思考に囚われていると、

必要のないイライラを抱えてますます苦しくなる。


実は「べき思考」の人には、仕事を完璧にこなす、

仕事をテキパキする完璧主義な人が多い。

それ故、出来ない人を見るとイライラしてしまう。

なんでこんな簡単な事も出来ないの?…と。

この無駄なイライラをなくすためには「べき思考」を緩めよう。

人にはペースというものがあり、やり方も考え方も人の数だけある。



人は人!自分は自分!

という考え方が気持ちを和らげる。

イライラしたときの対処法として「アンガーマネジメント」と呼ばれる方法がある。


衝動的な怒りの感情は6秒待てば理性を取り戻す。

やり方は、こうだ!


1、数字を6まで数えて、思考を停止させる。

2、深呼吸して、頭の中を空っぽにする。

怒りの感情は、長くて30分ともたない。

3、その間、別なことに意識を向ける。

咄嗟の怒りに反応しないこと。

それがアンガーマネジメントだ。

そして「まぁいっか」「なんとかなるさ」「大丈夫!きっと悪気はないんだよね。」

というプラスの言葉を口に出してみる。


本当に怒る必要があることなのかどうかを、見極めることができるようになれば

イライラする場面も減ってくるだろう。


あなたが心穏やかに過ごせる環境作りは、自分で作り出そう。

考え方ひとつでこんなに違う!

ということが、だんだん実感できるようになってきます。

まずは怒りの感情を、自分自身でコントロールできるようになろう!

マスターすれば、すごく楽になるよ!



https://kirari-note.info/mentalup/